2012年

10月

11日

★ホームコンサート無事終了♪

109日(火) 

初めて「JR川崎駅」で降りました。

とっても大きな駅でびっくり!平日だというのに、人もいっぱい!

タクシーで5分ほど走ったら、ホームコンサートの会場のお宅に着きました。

主催者の為谷さんは、テーブルコーディネーターのお仕事をしていらっしゃるので、

お部屋のあらゆるところに洒落た工夫がしてあり、とても素敵な空間でした。

 

コンサートは、高村さんの「あいたくて」という艶のある朗読から始まり、ヘルマンハープで「愛の挨拶」他、数曲を演奏。

次のコーナーは、高村さんお得意の「トットちゃんの時間」。途中ハープで間奏を入れなければならなかったのに、面白くて、つい聞きほれてしまい、音を入れるのを忘れてしまいました。高村さ~ん、ごめんなさい!!

そして、今回1曲だけ弾き語りを入れてみたところ、なかなか好評で、ちょっとはまってしまったかも・・・さて、次は何を歌おうかなぁ~。

 

コンサート終了後のティータイムは、為谷さんお手製のシフォンケーキでした。程よく弾力があり、甘すぎず、とても美味しかったです。そして、ご近所さんが作ってくださったという「栗の渋皮煮」もほっぺが落ちそうでした。1人1人お客様の紹介もしてくださり、皆様和気藹々とした楽しいひと時でした。

ヘルマンハープソロの演奏は反省点だらけでしたが、ホームコンサートならではの楽しさを堪能した1日でした。

 

皆様、また春にお会いしましょう!!

今回、お申し込みをされたけれど入れなかった方、次回お目にかかりたいと思います。

為谷さん、高村さん、お手伝いくださったスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

 

   海辺の恋           左藤春夫 (今回高村さんとコラボした詩です)

  こぼれ松葉をかきあつめ
  おとめのごとき君なりき、
  こぼれ松葉に火をはなち
  わらべのごときわれなりき。

  わらべとおとめよりそひぬ
  ただたまゆらの火をかこみ、
  うれしくふたり手をとりぬ
  かひなきことをただ夢み、

  入り日のなかに立つけぶり
  ありやなしやとただほのか、
  海辺の恋のはかなさは
  こぼれ松葉の火なりけむ。

 

続きを読む 4 コメント

2012年

6月

11日

★君の名はスヒョン

今日は主人の誕生日。関西のファンの方々からプレゼントされたシャム猫が、我が家にやってきました。今日から家族になる子猫の名前はスヒョン。


なぜ韓国名で「スヒョン」なのか?


実は数日前に「私は忘れない・という映画を見ました。これは?年前に新大久保駅(東京都)で、実際に起こった出来事です。線路に落ちた酔っ払いの日本人男性を助けようとして、犠牲になった韓国人の若者の名前が「イ・スヒョン」彼は日本と勧告の架け橋になりたくて、日本に留学していました。つづく 

 

0 コメント